軽自動車の車検を行ってくれる業者の探し方

軽自動車は、普通自動車などほかの重量区分車種と比べて維持費用が安いということもあり、近頃は軽自動車を選ぶ人も多いです。車検にかかる費用も、普通自動車などほかの重量区分車種と比べ安く、一般的な普通自動車の車検にかかる費用の相場が6万円から12万円といわれているのに対し、軽自動車の車検にかかる費用の相場は5万円から8万円といわれています。また、車検は2年ごとに行わなければならないと法律で決められていますが、その際、車検費用とは別途重量税も必要となります。しかし、重量がほかの重量区分車種と比べて軽い軽自動車は車検費用も抑えることができるというメリットもあるので、車の買い替えを検討している場合や維持費をできるだけ抑えたい場合は車検費用が安い軽自動車にしてみてはいかがでしょう。

軽自動車を車検に出す際に注意しておきたい点とは?

車検の費用には、『法定費用』と『点検整備費用』の大きく分けて2つの種類があります。法定費用は国によって定められているもので、ディーラーや民間の整備工場をはじめどこの業者で車検を受けても金額は変わりませんが、点検整備費用は車検を受ける業者によって大きく異なります。一般的に、専門的な技術や知識を持つプロによる車検が受けられるディーラーは民間の整備工場やガソリンスタンドで車検を受けるよりも費用が高くなります。カー用品店やガソリンスタンドなど、ディーラーよりも安く車検が受けられる業者に車検を依頼する場合でも、修理や部品の交換が必要となった場合は当然車検費用が高くなるため、車検を依頼する業者を選ぶ際には、車検費用がほかの重量区分車種と比べて安い軽自動車であっても注意が必要です。

車検を行ってくれる業者の上手な探し方とは?

軽自動車の車検を行う場合、少しでも車検にかかる費用を安く抑えたいという人は多いですが、できるだけ車検費用を抑えたいならまず車検が受けられるそれぞれの車検業者の特徴について知っておくことも大事です。例えば、ディーラーはほかの業者と比べて車検費用が高いというデメリットな部分がありますが、整備の質は高く、サポートも充実しているという特徴があります。車検費用が安いガソリンスタンドは、ガソリンの値引きなどのサービスが受けられるなどのメリットがありますが、整備の質はけっして高いとはいえないなどの特徴があります。そのため、車検を行ってくれる業者を探す場合には、それぞれの車検業者の特徴を把握した上で、見積もりを取るなどよく吟味した上で信頼できると思った業者に依頼することが大切です。

立会い説明時に部品交換が必要な場合、交換部品は6ヶ月、1万キロ保証がついています。 立会い車検により不必要な部品交換はしません。他店の見積もりと比べると立会い車検の安心感がわかります。 総合的にサポートしてくれる、お近くの加盟店を探すことができます。 全国統一サービスでお引越先でもおまかせください。 ホリデー車検は車検基本料は5,184円から。 東京FM全国ネットでのラジオCMや各地でCM放送中 軽自動車のお手軽車検は株式会社ホリデーで