今すぐ入所可能な東京近郊の介護施設

介護を必要とする家族が居る場合、仕事をしながら同時に介護を続ける事は家族にとって大変な負担となります。中には、仕事やキャリアを諦めて退職したり正職員からパートになるなどして仕事を減らして介護に当たらなければならない場合もあります。また、高齢化が進み認知症や日常生活において前回後が必要となった場合、普通の住宅で介護をする事が難しくなります。普通の住宅向けのお風呂では安全に入浴する事ができない可能性もあります。そんな時に利用したいのが介護施設です。介護をしやすいように作られた施設で、安全に生活を続ける事が出来ます。しかし、東京などの都市部では介護施設が不足しており希望してもなかなか入居出来ないという現実もあります。なかでも、入居がしやすい施設について説明します。

どのような施設が入居しやすいのか

介護施設には色々と種類があります。例えば、グループホームの場合認知症対応型共同生活介護と呼ばれており、認知症の診断を医師から受けている方しか入れません。また、要支援2から要介護5までの認定を受けている事も必須です。また、特別養護老人ホームでは要介護1から要介護5までの認定を受けた方しか入居出来ません。しかし、有料老人ホームでは介護の認定区分に関わらず入居出来る施設もあります。自立から要介護5までの重たい症状の方でも受け入れ可能な施設もあります。東京などの都市部では、高所得者向けの有料老人ホームなどもあり場合によっては普通の施設よりも入居がしやすい場合もあります。しかしながら、当然高額の入居料を支払わなければならないので、資金的な準備も必要になります。

東京や都市部で増えているサービス付高齢者向け住宅とは

通常の介護施設とは違い、最近増えているのがサービス付高齢者向け住宅と呼ばれる施設があります。これは、従来の介護施設とは違い高齢者向けの住宅になります。一般的なマンションに高齢者向けに特化したものです。入居するには、年齢が65歳以上であったり介護認定を持っている事など条件がありますが、最近たいへん戸数を増やしている施設でもあり入居出来る可能性は高まります。また、食事を作る事が難しい場合でもサービス付高齢者向け住宅では、希望に合わせて食事を施設で作ってもらう事が出来ます。栄養面でも、しっかりとサポートしてもらう事が出来るため自立で生活する事が難しい方、通常食を食べる事が出来ない方でも刻み食やムース食などの細かな対応をしてくれる場合もありますので、相談してみてはいかがでしょうか。