東京の介護施設に今すぐ入所可能にするポイント

家族の介護が必要になった時に、自宅で介護が出来る方は少ないのではないのでしょうか。現在では、専業主婦という方は少なく夫婦とも仕事をして居る方がおおいです。ヘルパーなどを使いながら、自宅で介護が出来る場合もありますが認知症などの症状が悪化すると、一時的な見守りや介護だけでなく24時間の介護や見守りが必要になる場合もあります。そうなると、家族だけでの介護には限界があります。そうなると、介護施設への入居を検討するようになりますが、現在では入居希望が殺到しており東京では申し込んですぐに入居出来るとは限りません。ですが、ポイントをしっかり押さえる事が出来れば希望に合わせて介護施設に入居出来る可能性が高くなることを知っていますか。その点について説明します。

東京で入居出来る介護施設を見極めよう

いざ、施設に介護が二つ用になった家族を入居しようと思ってもどのような施設に入居出来るかを知っていますか。住み慣れた地域での生活を続ける事を希望する場合には、グループホームを選択する場合が多いです。グループホームの正式名称は認知症対応型共同生活介護と呼ばれるもので、グループホームに入居する為には医師より認知症の診断を受けている事が必須となります。また、特別養護老人ホームでは要介護1以上の方しか入居する事ができません。しかし、加算の兼ね合いから要介護3以上のか確か受け入れてもらえない場合もあります。自分の家族を入居させたい施設が、条件的に受け入れ可能な施設なのかをあらかじめ確認しておかなければ折角入居申し込みをしても、入居に結びつかない場合もありますので注意が必要です。

入居の確率を高めるポイントとは

人口が日本で最も多い東京ですので、当然介護施設はたくさんありますがそれだけ入居を希望する人も多いです。最も大切な事は、現状をしっかりとケアワーカーやケアマネージャーに伝えて入居の緊急性がどの程度高いかをしっかり耐える事が大切です。次に大切なのが、入居を希望している施設の条件をしっかりと順位づける事です。利用料金、施設の種類、施設の設備、立地など条件に合う所は全て申し込みをする事で少しでも順番を繰り上げる事が出来る可能性があります。急げば急ぐほど、多くの施設に申し込みをする事で順番を早められるかもしれません。また、相談を持ちかけるケアワーカーやケアマネージャーによっては、所属の施設には強い場合やつながりがあり、入居の順番が早まる可能性もありますので複数の方に相談する事も大切です。