どのような業者を利用して軽自動車の車検を行えば良いのか

軽自動車の車検は、普通車と同様、新車の場合は購入してから3年後ですが、そうでない場合は2年ごとに受けなければなりません。軽自動車の車検にかかる費用は、法定費用と点検整備費用です。法定費用は税金と保険料ですので、どの業者に依頼しても費用が変わってくることはありません。しかし、点検整備費用は交換する部品や工賃、手数料などから成っており、依頼する業者によって費用が異なります。例えば、部品の交換の場合、車検は通過できるものの、次の車検までには交換する時期が来るので現段階で交換してしまった方が良いと判断する業者と、次の車検まで部品交換しなくても大丈夫と判断する業者があり、2つの業者では点検整備費用は違ってきます。そのため、業者選びをする際には見積もりを出してもらい、その内容までチェックすることが必要です。

軽自動車の車検を安く抑える方法

軽自動車の車検における点検整備費用を安くするためには、日ごろからメンテナンスをこまめに行うことが不可欠です。それ程難しい知識が要らず、自分でも手軽に行うことができるのがオイル交換です。定期的に軽自動車を業者に持ち込んでオイル交換を行っておけば、車検のタイミングが来た時にもそれ程慌てる必要がありません。オイル交換を行うと、オイルの摩耗を防ぐことができ、劣化したオイルでオイル供給ラインが閉ざされることも防げます。オイル交換をあまりせずにいると、エンジントラブルを起こし、エンジンの周辺にある部品交換の必要が出て来るため、車検の時に費用も多くかかってしまいます。自分で点検を普段から行っていれば、部品に対する知識も身に付き、どの部品を交換すべきかなども分かってくるというメリットもあります。

費用の安さが魅力の軽自動車のユーザー車検

軽自動車の車検代金を安く抑えたければ、ユーザー車検という方法もあります。ユーザー車検のメリットは、ディーラーなどでの車検と比較して手数料がかからないため安くできる点です。ユーザー車検を受けるためには、平日に近辺の軽自動車検査協会に出向き、書類作成も自身で行う必要があります。事前に検査予約をした上で、軽自動車を持ち込んで検査を受けます。ユーザー車検を受けるメリットは、手数料がかからないため費用が安くなる点と、自分で検査を受けるので、不必要な部品交換や修理を行わなくて済む点です。しかし、平日に休みを取るのが難しい方や、部品交換についての知識などに不安がある方、は、ディーラーなどでの車検がおすすめです。その際は、複数の業者から見積もりを取って費用や内容を比較検討しましょう。