より良い業者に軽自動車の車検を依頼する為には

軽自動車でも普通自動車でも車検を受けなければなりません。今回は軽自動車の車券について費用や車検依頼する時のポイントなどを中心に紹介していきます。軽自動車は、車検を受ける時期が決まっていて新車は初回の場合のみ3年後、それ以外は2年ごとに受ける決まりになっています。時期は普通自動車と同じですが、車検を受ける時に必要な書類や、費用については異なってくるので気を付けましょう。車検はなぜ受けなければいけないのかというと、国の安全基準を車が満たしているか検査して安全に公道を走ってもらうためにしています。車検にはいくつか種類がありますが、一般的なのは継続検査になり、車検を受けると車検証が交付されます。車検証には有効期限があるので、期限を過ぎても車を使用したい場合は、継続検査を受けてなければなりません。

車検にかかる費用と節約方法とは

車検は1回受けるごとに費用がかかります。点検整備・検査代などの車券基本料と重量税や自賠責保険料、印紙代の法定費用との2種類を合わせて車検費用と呼びます。自賠責保険料は払うことを法的に義務付けられていて、車で人にぶつかった場合にはこの費用が被害者に支払われることとなります。また、自動車重量税も車検の時に必要な税金で、普通自動車は重量によってかかる費用がかわりますが、軽自動車の場合は一律の費用となっています。印紙代については、業者に依頼する方がユーザー車検よりも比較的安値で済みます。点検や整備代も業者によって費用が異なるので、この金額が安い業者を選ぶことによって、車検費用を安く抑えることができます。複数社から車検費用の見積もりをもらって検討するというのがおすすめです。

安心して車検を任せられる業者を選ぶ時のポイント

軽自動車の車検費用を安く抑える為には最初の業者選びが肝心です。ただ安いところではなく安心して任せられる業者を選びたいものです。その為には、車検を受ける前に実際に業者を訪れて検査費用の見積もりを出してもらうのがいいですが、時間がない場合はネットを利用しましょう。ネットでも車検を行っている業者が調べられ、口コミがあればそちらも参考にして選ぶのがおすすめです。一般的な業者には、個人が行っているユーザー車検やディーラー、フランチャイズ業者などがありますが、その中でもガソリンスタンドや整備工工場があるフランチャイズ業者だと車検の手数料が一定していて、整備技術もあるのでおすすめです。ディーラーは比較的費用が高めなので節約したいのであれば避けておいた方がいいでしょう。車検には必要な書類がいくつかあるので、車検日に忘れることのないよう確認しておくことも大切です。