会社設立税理士☆お役立ちガイド

ホーム > 会社設立税理士について > 資金繰りのアドバイスをしてくれる会社設立税理士

資金繰りのアドバイスをしてくれる会社設立税理士

会社を立ち上げますと、色々お金も必要になります。
少なくとも、資本金は確実に必要です。
多くの会社の公式サイトを見てみますと、必ずと言って良いほど会社概要という項目がありますが、そこには資本金も書かれています。
資本金が1000万円以上になっている法人も多いですが、会社を立ち上げる時にはまとまったお金が求められる訳です。
資本金だけでなく、会社を経営するお金も確保しておかなければなりません。
そもそも会社を経営する以上は、色々な経費が発生します。
地代家賃や人件費などのお金もありますし、会社を大きくするために設備投資が行われる事も多いです。
色々お金がかかりますから、会社設立したばかりの時には資金繰りの悩みが生じてしまうケースも多いです。
ですから多くの方は、会社設立税理士に相談しています。


税理士は、主に税務に関する業務を行ってくれます。
確定申告に関する業務を税理士に任せている法人も多いです。
申告手続きを進める際には、色々やるべきことがありますから、税理士に代行依頼している方も少なくありません。
ところで税理士の業務は、税務だけではありません。
資金繰りに関するアドバイスを受けることも可能です。
例えば融資に関するアドバイスです。
そもそも資金が足りない時には、金融機関を活用するケースも多いです。
銀行に相談して融資を受けている方も少なくありません。
しかし金融機関から融資を受けるためには、審査も受ける必要があります。
金融機関だけでなく、公的機関から融資を受ける方法もありますが、それにも審査があります。
税理士に相談しておけば、その資金繰りに関するアドバイスも受けられる訳です。


公的機関から融資を受ける場合は、色々な書類も準備しなければなりません。
しかし全ての書類を自力で揃えるのも、少々大変です。
税理士に相談しておけば、その書類に関するサポートを受ける事もできます。
また税理士に相談しておく方が、融資の選択肢が幅広くなる事も多いです。
そもそも資金繰りに関する手段も色々あって、それぞれ条件があります。
条件を満たしていなければお金を借りられませんが、その1つに「指導」があります。
専門家から指導を受けていない状態ですと、お金を借りられない制度もありますから、注意が必要です。
しかし税理士に相談しておきますと、その制度も活用できるようになります。
資金繰りの選択肢も幅広くなりますから、相談しておくメリットは大きいです。
会社設立のサポートも受けられますし、会社を立ち上げた時に税理士に依頼している方は多いです。

次の記事へ

カテゴリー